Self Body Designについて
 

からだの不調は、からだの癖、食生活や考え方など、ご自分のライフスタイルがつくっている事をご存知ですか?
自分自身を見直し、気付いてあげることで、からだは好転しようとしてくれます。

不調はからだのゆがみから

私達のからだは通常206個の骨で構成され、適材適所でからだを支え、大切な臓器を守っています。
骨はつながっているのではなく、一つ一つがばらばらのパーツにわかれており、
それをつなぎとめてからだを維持しているのが筋肉と靭帯です。
普段あまり意識しない私たちの動作のくせ「足を組む」「どちらか片方の足に重心をかける」
「片方の歯で食物をかむ」「腰を丸めた生活」「食べ過ぎ」などが筋肉の癖をつけ、
こりが生じ、その筋肉によって大きく骨が引っ張られます。
結果、骨のゆがみ=からだのゆがみが生じます。

ゆがみは自分のからだのバランスをとるためのからだの防衛本能ともいえますが、
度を超すとその結果、様々な不調を引き起こします。

自律神経の伝達がうまくいかず、血流が悪くなる、内臓が下垂することで、具体的には次のような症状があらわれます。

  • 頭痛・肩こり・めまい・耳鳴り・腰痛・ヘルニア・下半身太り・ひざの痛み・外反母趾
  • 便秘や下痢・胃下垂・肥満・生理不順、PMSなどの子宮関係の症状・うつ症状
  • O脚やX脚・首の皴・法令線・顔のたるみetc.

背骨と骨盤

私達の背骨は24個の骨でできています。
頸椎7個
胸椎12個
腰椎5個
そして仙骨、尾骨につながっています。
背骨が守るようにして神経がその中を通り、四方八方に伸びています。

腰の骨は本来前の方にカーブし、それとバランスを取るように胸椎は後方に、
頸椎は前方にゆるやかにカーブし、横から見ると自然なS字を描くようになっています。
このカーブによって、上下の衝撃からからだや脳へのダメージを和らげています。
このカーブの度合いも絶妙なバランスをとり、腰椎のカーブが少なくなると
胸椎・頸椎のカーブも少なくなり、まっすぐの背骨に近づいていきます。
背骨が真っすぐになると、重力によってかかる力や様々な衝撃を分散できず、
肩がこる、腰が痛い、疲れやすくすぐに座り込むなどの症状が出てきます。

この頃は、若い方にもこのカーブが失われている人が増えてきました。

要は骨盤

このカーブが失われた背骨を作る大きな原因は、骨盤が下がっていることにあります。
からだは全て連動していますので、1つくるってくるとそれをカバーするように様々な個所にゆがみが及びます。 特に骨盤はからだの中心ですので、骨盤のゆがみが脊柱、首、膝、足首にまで及ぶことはよく見られることです。もちろん、内臓にも大きな影響が及びます。

特に女性のからだは毎月の生理で骨盤を開閉しているため、骨盤のずれが生じゆがみやすくなります。
また、悪い生活習慣や出産、文明の発達によるからだを使わない生活などで骨盤の開閉力が低下している現代女性も多くなっています。

骨盤を整えるということ

つまり、この要である骨盤を中心に自分自身で整体することで、全身が整体され、様々な不快な症状を改善することが可能だと言えます。
それだけでなく、やる気がでる、迷いがなくなるなど、行動力が増してきます。まさに、腰こそが行動力の源です!

からだデザインのレッスン

からだデザインで行うセルフボディデザインレッスンでは

  • 骨盤矯正専用の枕を使った腰と首の簡単な運動
  • 気の流れを整え、関節の凝りをほぐす整体体操
  • 呼吸法
  • 食生活の見直しによる腸内環境改善

を取り入れ、自分自身で整ったからだをつくり、美と健康を手に入れます。

レッスン内容詳細については「SBDレッスンのご紹介」ページをご覧下さい。

▲ページトップに戻る